最新鑑賞映画
ホーム 上へ 映画の感想 最新鑑賞映画 最新DVD/BD 全米週末興収ベスト10 劇場/映画館 試写会当選 第90回アカデミー賞 第38回ラジー賞 2018年見たい映画 第75回 GG賞
 
    パンク侍、斬られて候 

綾野剛、北川景子、豊川悦司、染谷翔太、国村隼、東出昌大、浅野忠信。

黒和(くろあえ)藩国境の街道で、浪人者、掛十之進(=かけけじゅうのしん、綾野剛)は、
巡礼物乞いの父娘に近づいた突如刀を抜いて男を伐り殺す。

斬った理由は新興宗教「腹振り党」で黒和藩に腹振り党を蔓延させようとしていたと答える。
しかし、斬った男の腹に「腹振り党」の証拠である入れ墨はなかった。

黒和藩は、筆頭家老、内藤帯刀(豊川悦司)の内藤派、と次席家老、大浦主膳(国村隼)の大浦派が激しく対立していた。

翌日の御前会議において、「腹振り党」の危険が議論され、藩主、黒和直仁(東出昌大)は内藤帯刀の意見を入れ、掛十之進を雇う。

内藤帯刀は腹振り党の首謀者が磔に処され、衰退していることも知っており、
数日前に内藤帯刀に掛十之進に大浦主膳を陥れることに協力するよう指示されていた。

怒りが収まらない大浦主膳は配下の幕暮孫兵衛(染谷翔太)を使って、掛十之進の暗殺を企て、真鍋五千郎(村上淳)に掛十之進殺害を依頼する。

掛十之進と真鍋五千郎の戦いは互いに一歩も譲らないが、二人は幼馴染だったことがわかる。
翌日の御前会議で、幕暮孫兵衛はそのことをべらべらと喋ってしまい、大浦主膳は左遷される。

しばらくして、内藤帯刀はいくら経っても「腹振り党」が現れないので(そりゃ滅びてんだから
「腹振り党」を再興させ、やらせで騒動を起こさせることを画策/指示をする。

密偵の江下レの魂次(=えげれのこんじ、渋川清彦)と掛十之進、それに幕暮孫兵衛は、
腹振り党の残党である元幹部の茶山半郎(浅野忠信)に面談に行く。

果たして内藤帯刀の思惑はうまくいくのか。
黒和藩の今後はどうなってしまうのか。

未読だが、同名小説の映画化。
予想以上にハチャメチャだった。
途中からもうストーリーの継続性はともかく、その表現方法はとんでもない方向に。

なんといっても浅野忠信のメイクが秀逸。
キャラも思い切り立っていて、よくこんな役受けたなと思わせるぐらいの振り切れよう。
染谷翔太のはっちゃけっぷりもなかなか。

各キャラの立ち方は「銀魂」よりすごい。

綾野剛の「超人的剣客」は、口だけのヘタレかと思っていたが、本当に「超人的剣客」だった。

結末は予想の範囲だが、冒頭のシーンはもう少し顔を見せて別人だと思わせるほうが良かった。
それとも「目」をリプレーして見せるなどやっぱりと思わせたほうが良かったかも。

inserted by FC2 system