最新DVD/BD
ホーム 上へ 映画の感想 最新鑑賞映画 最新DVD/BD 全米ベスト10 劇場/映画館 試写会当選 映画SP-extra 第89回アカデミー賞 第37回ラジー賞 2017年に見たい映画 第74回GG賞

 

 

 

 

 リトルプリンス 星の王子さまと私 

物語は少女の目線で進行する。
家族はシングルマザーのいわゆる教育ママ。
お受験のために引っ越しし、びっしりと日課を決められている。
母親は仕事で家にいないため、少女はスケジュールをこなしたらポインタをずらし、母親がそれをチェックする。

ある日、隣からプロペラが飛んできて家の壁を突き破り、飛行士の格好をした隣の住民の爺さん(以下、飛行士)が取りに来た。
母親が帰ってきて警察を呼び、飛行士は警告を受け、小銭の瓶を警察経由で少女に渡す。

別の日。
少女が勉強していると、紙飛行機が飛んできた。
そこには「昔あるところに小さい王子様がいました」で始まる物語と絵が描かれていた。

物語は砂漠に墜落した飛行士の話だった。
少女は気になって勉強をサボって隣に行くことにした。

飛行士は話の続きをしてくれた。
少年は小さい星からやってきたという。

星にはよその星から来たバラの花があった。
少年はバラの花と仲良くなったが、結局は仲たがいし、少年はバラを残して旅に出ることにした。

少年は6つの小惑星を転々とし、それぞれの星の変な住民と会う。
そして、7番目の訪問先として地球を訪れた。

少女と飛行士は友達になった。
いつか別れは来る、と飛行士は言ったが少女は納得しなかった。

しかし、遂にその日がやってくる。
果たして飛行士に何が起こったのか。
少女はどうしようとするのか。

**

全編英語だが、製作はフランス。
「星の王子様」の物語自体はそのままに、その後、年老いたボク(飛行士)と物語を語り継ぐ少女のお話。
誰もが思う、あの後星の王子様はどうなったんだろう、に一つの解釈を示したもの。

CGアニメとストップモーションアニメをうまく融合。
「今」のお話はCGでリアルに、元の物語は素朴で簡素な風貌のフィギュアで切り替えにメリハリをつけている。

終盤は少女の妄想だが、少女の心から湧き出た物語として素直に受け入れられる。

今回は字幕版での鑑賞だが、吹き替えも錚々たるメンバーとなっている。

飛行士:ジェフ・ブリッジス=津川雅彦
王子様:ライリー・オズボーン=池田優斗
王子様:ポール・ラッド=宮野真守
少 女:マッケンジー・フォイ=鈴木梨央
母 親:レイチェル・マクアダムス=瀬戸朝香
バ ラ:マリオン・コティヤール=滝川クリステル
キツネ:ジェームズ・フランコ=伊勢谷友介
 蛇 :ベネチオ・デル・トロ=竹野内豊

母親が松居直美に見えてしょうがなかった。
マッケンジー・フォイは「インターステラー」のマシュー・マコノヒーの娘、マーフィー。

 

 
 

 

inserted by FC2 system