最新DVD/BD
ホーム 上へ 映画の感想 最新鑑賞映画 最新DVD/BD 全米ベスト10 劇場/映画館 試写会当選 映画SP-extra 第89回アカデミー賞 第37回ラジー賞 2017年に見たい映画 第74回GG賞

 

 

 

 

  カンフーパンダ3

**

主要キャストの声は前作までと同じ。
ポー(パンダ):ジャック・ブラック
タイグレス(虎):アンジェリーナ・ジョリー
モンキー(猿):ジャッキー・チェン
マンティス(蟷螂):セス・ローゲン
バイパー(ヘビ):ルーシー・リュー
シーフー老師(レッサーパンダ):ダスティン・ホフマン
ウーグウェイ導師(ゾウガメ):ランドール・ダク・キム
ピン(ポーの父のガチョウ):ジェームズ・ホン

今作で本格登場
リー(ポーの父パンダ):ブライアン・クランストン
今作の敵役
カイ(水牛):JKシモンズ

桜か桃の木の下で「内なる平和」と唱えながら瞑想にふけるウーグウェイ導師。
そこに冥界からカイがやってきてウーグウェイ導師と対決。

ウーグウェイ導師は「龍の戦士」が買いを倒すと予言するものの、カイはウーグウェイ導師の気を吸い取って翡翠の珠にしてしまう。

カイはすでに多くの導師の気を翡翠の珠に閉じ込めており「龍の戦士」を探しに現世へ行く。

その頃、ポーは平和の谷で実の父、リーと再会。
なんだかんだあってカイを倒すためパンダの能力である「気」を修得するためにリーとともにパンダ村に向かう。

しかし、龍の戦士を探すカイは平和の谷を襲い、ポーを追ってパンダ村に向かってくる。
果たして、ポーは「気」を修得しカイを倒すことができるだろうか。

**

絵はきれい。
冒頭のドリームワークスのロゴの出るシーンからして素晴らしく、掴みは万全。

しかし、全体の印象はなんかごちゃごちゃしていてまとまりがないというか、散漫と言うか、
メリハリがないというか、冗長と言うか、とにかくグダグダ感。

面白いっちゃあ面白いんだけど、なんか物足りないというか、すっきりしないというか、
腑に落ちないというか、消化不良と言うか、そういう印象でした。

ドリームワークスアニメーションの日本配給は、これもごたごたしているのか、フラフラしている。
それに沿って、DVD/BDの発売元もころころ変わっているようだ。

手元にあった「シュレック」「カンフーバンダ」「ヒックとドラゴン」
「マダガスカル」「モンスターVSエイリアン」などのDVD/BDを見ても
ユニバーサル、角川、パラマウント、20世紀フォックスと様々。

大体がドリームワークスアニメーションの経営自体がうまくいっていないのか、
リストラもあり、親会社も変わり2016年にはNBCユニバーサルの傘下に入った。

「カンフーパンダ」は「3」はBDを買うかもしれないが、新作はもういいやと言う気がしないでもないが、
「ヒックとドラゴン3」はぜひ公開してほしい。

 

 
 

 

inserted by FC2 system