全米ベスト10

戻る ホーム 上へ 進む

ホーム 上へ 映画の感想 最新鑑賞映画 最新DVD/BD 全米ベスト10 劇場/映画館 試写会当選 映画SP-extra 第89回アカデミー賞 第37回ラジー賞 2017年に見たい映画 第74回GG賞

全米週末興行ベスト10  2017/10/6-10/8(更新日:2017/10/10)  

毎週金、土、日の3日間の全米興行収入のベスト10です。

今週はついに公開「ブレードランナー2049」が、初登場 1位。

1. Blade Runner 2049
2. The Mountain Between Us
3. It
4. My Little Pony: The Movie
5. Kingsman: The Golden Circle

6. American Made
7. The LEGO Ninjago Movie
8. Victoria and Abdul
9. Flatliners
10. Battle of the Sexes

***
11. American Assassin
12. Til Death Do Us Part
13. The Stray
14. Home Again
15. A Question Of Faith
16. mother!

***

私の独断による「見たい度」を×、★、★★、★★★の4段階で記載。 

1.Blade Runner 2049 (★★★)

初登場1位。

3270万ドル。

個人的には意外と少ないと思うが、まずまずの出足で、前作よりは良いとの評判らしい。
35年前なので数字がそのまま適用できないが、インフレ率(3倍)を加味しても前作より出足が良い。

製作はWB、コロムビア他で、全米での配給はWBだが、日本の配給はSony。

ご承知の通り「ブレードランナー」の続編。
前作は当たり外れの激しいリドリー・スコットの監督。
今作は「メッセージ」「ボーダーライン」「プリズナーズ」のドゥニ・ビルヌーブ。

ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ジャレッド・レト、アナ・デ・アルマス。

「ブレードランナー2019」2017/10/27(Sony)

 

2.The Mountain Between Us(★)

初登場2位。

1050万ドル。

イドリス・エルバ、ケイト・ウィンスレット。
たまたま飛行機に乗り損ねた初対面の二人、小型機をチャーターするが、雪山に墜落してしまう。
幸い命はとりとめたものの、果たして雪山から脱出できるのか。
設定的にはリーアム・ニーソンの「THE GRAY 凍える太陽」みたいなものか。
絶望の際に追い込まれた男女間に愛が芽生えて・・みたいな展開を予想し、見る気がしなかったが、
キャストに期待して星一つ。

日本公開未定。

 

3.It (×)

2位から3位にダウン。

4割減って990万ドル。累計は3億520万ドル。

原作はスティーブン・キングの代表作。

1990年に映画化された(日本未公開、DVDスルー)と思っていたが、TVミニシリーズだったらしい。
良くわからない映画だったが、今作が3億ドル超とあっては、ストリーの問題ではなく
前作全体か、DVD化の編集が悪かったのかも。
この後、ピエロを怖がる子供が続出したらしい。

「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」2017/11/3(WB)

  

4.My Little Pony: The Movie ()

初登場4位。

880万ドル。

TVアニメの劇場版。
日本放映時のタイトルは「マイリトルポニー 〜トモダチは魔法〜」

日本公開未定。

 

5.Kingsman: The Golden Circle (★★★)

1位から5位にダウン。
ほぼ半分の860万ドル。累計は8050万ドル。

この秘密組織がテロ集団とどう違うのか理解しがたいが、映画は面白かった。

タロン・エガートン、マーク・ストロング。
死んだはずのコリン・ファース復活。
チャニング・テイタム、ハル・ベリー、ジュリアン・ムーア、ジェフ・ブリッジス参戦。
「ゴールデン・サークル」は謎の敵組織。

「キングスマン ゴールデン・サークル」2018/1/8(20thFOX)

 

6.American Made (★★★)

3位から6位にダウン。

ほぼ半分の840万ドル、累計3080万ドル。

トム・クルーズが、CIAエージェントなのに、麻薬密輸までやっちゃう。

「バリー・シール/アメリカをはめた男」2017/10/21(東宝東和)

 

7.The LEGO Ninjago Movie(×)

4位から7位にダウン。

4割減って700万ドル。累計4400万ドル。
未だに全2作のオープニング成績にも及ばず。

「レゴムービー」シリーズ第3弾。

レゴムービーが飽きられたのか、忍者がまずったのか、2作目('17/2公開)との間隔が近すぎたのか。
これで打ち切りか、やるならテコ入れ必至。

「レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー」2017/9/30(WB)

 

8.Victoria and Abdul(★★)

拡大公開(77館−>732館)に伴い、12位からベスト10入り。

興収は4倍近い410万ドル。累計590万ドル。

ビクトリアは英ビクトリア女王。
19世紀後半。
高齢となり、いろいろわがままが目立つビクトリア女王の別荘にインドからアブドルと言う使用人が送られてくる。
周囲の心配をよそに、女王は次第にアブドルを信頼し、ヒンズー語を習うと言い始める。

ジュディ・ディンチ、アリ・ファザール。

日本公開未定。

 

9.Flatliners (★)

5位から9位にダウン。

4割減って390万ドル。累計1250万ドル。

エレン・ペイジ、ディエゴ・ルナ。

医学生が強制的に心停止させることによる臨死体験実験を行う。

フラットラインは平坦な線。心電図の心停止状態を示す。

日本公開未定。

 

10.Battle of the Sexes (★)

6位から10位にダウン。

公開館はさらに1.5倍の1800館超まで増えたが、興収は1/4減って250万ドル。
累計780万ドルとピンチ。

エマ・ストーン、スティーブ・カレル。

1973年に実際に行われたテニスの男女対抗試合(=Battle of the Sexes)を描く。
当時、男女同権運動に熱心で女子テニスの第一人者だった、ビリー・ジーン・キングと
往年の男子テニス選手、ボビー・リッグスとの対戦。

その年、リッグスは、ビリー・ジーン・キングのライバルだったマーガレット・コートと対戦して破り、
次はビリー・ジーン・キングだと公言し、対戦に至った。
史実では、ビリー・ジーン・キングの圧勝に終わっている。

なお、マイケル・ジャクソンの「ビリー・ジーン」とは無関係で、歌のビリー・ジーンは架空の人物。

日本公開未定。

 

*** 今週ベスト10圏外に落ちた作品 ***

11.American Assassin (★★★)

7位から11位にダウン。

6割減って130万ドル。累計3440万ドルと何とか製作費はクリアーした。

ディラン・オブライエン、マイケル・キートン、ミシェル・ファイファー。

テロで恋人を失った青年(ディラン・オブライエン)をCIAがリクルートし、
先輩エージェント(マイケル・キートン)の指導の下、鍛え上げるがミッションでは暴走し・・・

日本公開未定。

12.Til Death Do Us Part (×)

9位から12位にダウン。

半分の74万ドル。累計260万ドル。

スティーブン・ビショップ、アニー・イロンゼ。

結婚し、妊娠したものの旦那が出産を拒否したため、別れて逃げ、新しい土地で暮らしていたが、
旦那が突き止めて襲ってくる。

タイトルは「死が二人を別つまで」

日本公開未定。

14.Home Again (×)

8位から14位にダウン。

1/3の56万ドル。累計2630万ドル。

リース・ウィザースプーン、マーチン・シーン。

夫と別れ、2人の娘とともに実家に戻った40代ママ。
途端に若い燕ができて、3人の男からモテモテ。
よりを戻したい元夫も現れて、てんやわんやの大騒ぎ。
こういう映画にも一定のファンがいるんですなぁ。

15.mother! (×)

10位から16位にダウン。

1/4に激減し38万ドル、累計1720万ドルで、製作費の6割に満たず大失敗。

ジェニファー・ローレンス、エド・ハリス、ハビエル・バルデム。

郊外の一軒家に暮らす夫婦の下に次々と現れる不審な訪問者。
何のためらいもなく迎え入れる旦那と、不信と不安にさいなまれる妻。

「マザー!」2018/1/19(東和ピクチャーズ)

 

inserted by FC2 system