全米ベスト10

ホーム 映画総括 今月の出来事 先月の出来事 2018/05 2018/04 2018/03 2018/02 2018/01 過年度分 写真 チピボット操作マニュアル

ホーム 上へ 映画の感想 最新鑑賞映画 最新DVD/BD 全米ベスト10 劇場/映画館 試写会当選 第90回アカデミー賞 第38回ラジー賞 2018年見たい映画 第75回 GG賞

全米週末興行ベスト10  2018/6/8-6/10(更新日:2018/06/16)  

毎週金、土、日の3日間の全米興行収入のベスト10です。

は「オーシャンズ8」が、初登場1位。

1. Ocean's 8
2. Solo: A Star Wars Story
3. Deadpool 2
4. Hereditary
5. Avengers: Infinity War

6. Adrift
7. Book Club
8. Hotel Artemis
9. Upgrade
10. Life of the Party
**
11. Breaking In
12. Overboard
13. Action Point
**
私の独断による「見たい度」を×、★、★★、★★★の4段階で記載。 

 

1.Ocean's 8 (★★★)

初登場1位。

4160万ドル。

「オーシャンズ11」女版。

ミス・オーシャンにサンドラ・ブロック、ほかにケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム・カーター、リアーナ、
アン・ハザウェイ、ミンディ・カーリングなどなど。

「オーシャンズ8」2018/8/10(WB)

 

2.Solo: A Star Wars Story  (★★★)

1位から2位にダウン。

半分近い1570万ドル。累計は1億7670万ドルと冴えず。
海外分もいまいちで全体で3億2千万ドルほど。

2億ドルは行きそうだが、シリーズ10本の最低記録を更新するかも。
(従来は「ジェダイの帰還」の209M$、なお同映画は公開時は「ジェダイの復讐」だったが、20年後に変更)
今作の製作費は発表されていないが、赤字必至。

アルデン・エーレンライク、ウディ・ハレルソン、ドナルド・グローバー。
主人公のカナ表記は難しい、オールデン・エアエンライク の表記もあり。

「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」2018/6/29(Disney)

 

3.Deadpool 2 (鑑賞済)

2位から3位にダウン。

4割減って1410万ドル。累計2億7910万ドル。
香港では公開されているが、中国本土ではやってないようだ。
それでも海外分は4億ドルに近区世界全体では6億6千万ドル。

続編。

ライアン・レイノルズ、モリーナ・バッカリンなど主要キャスト続投。

ジョシュ・ブローリン、ザジー・ビーツ、忽那汐里

「デッドプール2」2018/6/1、20thFOX

 

4.Hereditary (×)

初登場4位。

1350万ドル。

ホラー。
祖母の死で孫らに現れる恐怖。
タイトルは、遺伝の、先天的な、の意味。

年内公開、タイトル未定(ファントム・フィルム)

 

5.Avengers: Infinity War(鑑賞済)

4位から5位にダウン。

3割減って720万ドル。累計6億5510万ドル。
海外分は3億ドル超の中国を筆頭に13億ドルを超え、世界計は20億ドル達成。

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」2018/4/27(Disney)

 

6.Adrift (★)

3位から6位にダウン。

半分以下の520万ドル。累計2190万ドル。

シャイリーン・ウッドリー。
恋人同士でヨットで外洋にでて、無茶苦茶凄い台風に遭遇し、遭難しかけるという実話がベース。

日本公開未定。

 

7.Book Club (×)

5位から7位にダウン。

4割減って420万ドル。累計5690万ドル。

中年、いや熟年女性4人の読書会で、読んだ本に感化されて変わっていくコメディタッチの物語。

ダイアン・キートン、ジェーン・フォンダ、キャンディス・バーゲン、メアリー・スティーブンバージェン。

日本公開未定。

 

8.Hotel Artemis (★★★)

初登場8位。

320万ドル。

2028年が舞台の近未来クライムアクション。
犯罪者の闇治療を行うホテルでの大騒動。

ジョディ・フォスター、ソフィア・プテラ、デイブ・バウティスタ、ジェフ・ゴールドブラム。

日本公開未定。

  

9.Upgrade (★★)

6位から9位にダウン。

半分の230万ドル。累計930万ドル。

強盗に遭い、妻を殺され、下半身不随、車いす生活になった男が自身を「アップグレード」して復讐する。
敵も腕に銃の機能を埋め込んでいたりする。

いわゆる一人称映画ではないが、「ハードコア・ヘンリー」にどこか雰囲気が似ている。

日本公開未定。

 

10.Life of the Party (★)

7位から 10位にダウン。

4割減って210万ドル。累計5030万ドル。

メリッサ・マッカーシー。

離婚した母親が一念発起、娘の通う大学に入学して巻き起こすトラブル。

日本公開未定。

 

*** 今週のベスト10陥落 ***

11.Breaking In (★)

8位から11位にダウン。

半減の140万ドル。累計4400万ドル。
低予算映画(製作費6M$)で、興行的にはスマッシュヒット。

ガブリエル・ユニオン。

疎遠だった富豪の父が死に、子供二人と遺産の豪邸に引っ越すが、屋敷に隠された現金目当ての強盗が押し入ってくる。
日本流にいえば押し込み強盗。

日本公開未定。

12.Overboard (★)

10位から12位にダウン。
4割減って110万ドル。累計4750万ドル。

アンナ・フィリス、ユウヘニオ・デルベス。

1987年の「潮風のいたずら」(原題はOVERBOARD)のリメイク。
オリジナルは家具職人が記憶喪失になった富豪の女性から家具代金を取り戻そうとする話。
本作は男女を逆にして、シングルマザーの清掃員が、記憶喪失の富豪男性から代金を取り返そうとする話。

日本公開未定。

13.Action Point (★)

9位から13位にダウン。

6割減って95万ドル。累計450万ドル。

ジョニー・ノックスビル。
つぶれかけの遊園地をジョニー・ノックスビルが思いっきり過激に改装。

日本公開未定。

*

 

 

inserted by FC2 system