2017/10

 

今月の出来事

上へ 映画総括 今月の出来事 先月の出来事 2017/9 2017/8 2017/7 2017/6 2017/5 2017/4 2017/3 2017/2 2017/1 過年度分 写真 

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

(更新:2017/10/20

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年以前

Amazonで買う

Topics(10/15)その2、映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

新3部作の最終作で、前評判関係なく見る予定の映画。
映画自体は面白く、1968年の「猿の惑星」につながることを匂わせる設定がいくつかあったが、直接「猿の惑星」につながるとすると
矛盾が生じるが、オリジナルのファン以外には大した意味はないのかもしれない。


映画の感想

 

****
(10/1)アキアカネ

この写真ではまだアキアカネかどうか判別できません。色も赤くないしね。

翼の褐色マークが翼端ではなく前縁についています。
胸の模様を順光で撮ろうとすると、私自身の影が掛かって逃げてしまいます。
うまい具合に斜め横からの光になる位置に止まったので撮影。

胸の模様から、アキアカネと同定しました。

 

(10/1)その2、ナミアゲハ羽化

例の虫かごのフタと本体にまたがっていた蛹が羽化しました。
今朝確認したときにはかなり黒くなっていて、いつ羽化してもおかしくない状態。

案の定、2時間後には羽化してましたが、まだ羽が伸び切っていない様子。
1時間後にはきれいになってました。

さらに2時間ほど待ち、もういいだろうとふたを開けると、ビビッて虫かごの底に落下。
うまく手に移し、解放。

しばし日向ぼっこの末、どこかへ飛んでいきました。

 

(10/2)ナミアゲハの終齢、3匹目

朝、虫かごの掃除と餌の交換をしようと、ミカンの葉を取りに行って、終齢を発見。
葉が重なり合った中にうまく隠れていて、捕食者に(私にも)見つからずに済んでいたようです。

早速回収。

これで終齢3匹になりました。

ン?
右側の幼虫がわからん?
これです。

 

(10/2)アオサギはやはり複数いた

同時刻に別の場所にいた2羽です。

羽根の模様は羽根の折りたたみ具合や姿勢によって見え方が異なる可能性があり、識別のポイントにはなりません。

やはり、顔ですね。

目の上の羽の模様と上のくちばしの色具合で、別個体だと思います。

 

(10/3)タイタンビカス

23番、ピンクが2輪。背中合わせに咲きました。

 

(10/4)甲虫の幼虫

以前はプランターをひっくり返したら、わんさか見つかった幼虫だが最近とんといなくなった。
しかし、今日プランターをいくつかひっくり返したら、その一つから出てきた。ずいぶん久しぶり。

もっといそうだったけど、3匹だけ捕まえてみた。

この後、すぐにプランターに戻してやりましたけど、たぶんアオドウガネではないか、と思う。

 

(10/4)その2、中秋の名月

中秋の名月=十五夜=満月、と考えてしまいそうだが、天文学的にはそうでもない。

写真で見ても左側が少しだけ欠けており、満月まであと少しだとわかる。
天文学上の望(満月)は、10/6の午前3時40分。

そもそも、中秋とは、旧暦の8月15日を言い、今年は10/4に相当する。
十五夜は新月(朔)から15日目を言い、ほぼ満月と言って差し支えないが、厳密に満月の日ではない。

朔から望までは、月の公転軌道が楕円の為、早い遅いがあり、13.8日から15.8日となる。

つまり、満月の月齢は13.8~15.8と幅があり、月齢15.0が満月と言うわけではない。

 

(10/5)アゲハ蛹3態

3体ではなく、3態。前蛹目前、前蛹、蛹。

 

(10/6)緑のガガンボ

ガガンボ、カトンボなどと呼ばれる。ガガンボと言う種類がある。

体が緑色のものは見たことがなく、調べてもよくわからなかった。
翅にも模様があるようだ。
多くのガガンボは翅を閉じないので、すぐわかると思ったんですけどね。

 

(10/6)その2、CEATEC2017@幕張メッセ

幕張メッセで開催されているCEATEC2017に行ってきた。

メッセ駐車場の利用料がもったいないということでイオンモール幕張新都心に駐車し、買い物がてらCEATECにも行くと言う体で。
イオンモールはずいぶん久しぶりで入り方を忘れていたが、平日と言うこともあってスムーズに入庫。
入口の発券機に「チケットは出ません」とある。
ナンバー認識システムのようだが、料金のシステムがわからないので、買い物中に係員に聞く。
やはりナンバーを認識しているとのことで、6時間まで無料だそうだ。
それ以降は20分いくらとかで有料になるが、6時間もいないので払い方は聞かなかった。

買物は車のトランクに入れ、歩いてメッセに向かう。
時間がなく、一通り見るしかできなかった。

ホール1を入るとかなり盛況に見えた。

AIの進化、深化したデモが多く、日立のサポートロボは歩かないが、かなりの過去の記憶を持ち、所有者の間違いや勘違いを補助してくれる。
例えば、アップルパイを作る際に「リンゴを注文して」という彼女に対し、ロボットはもうたくさんありますよ、昨日注文しましたよ、と答える。
彼女はうっかりに気づき「息子には内緒よ」というとロボットは「わかりました」と答える。

その他にも去年の孫の誕生日には何を作ったとか、そのためのレシピはもちろん、足りないものを提示し、注文する。
その際には彼女の指示に従っていて、忠実な執事という感じ。

もちろん歩くロボットもいる。
EMIEW3、案内ロボ。

マスコミ受けのいい、人型の受付嬢ロボとか、恐竜型フロントロボなどは見つけられなかった。

VRも相当深化しているようだった。

面白かったのはゲームとの融合。

彼女の後ろのスクリーンには彼女の見ている映像が表示されている。
走る(実際には足元が滑り前進しない)事もできる。

昨年は似たような装置でハングライダーに乗るものがあったが、やや大掛かり過ぎた。

マスコミで評判の卓球ロボもあった。
去年も出ていたが、少し賢くなったようで、一般客相手に卓球をしていた。
ただ、あまりにも大掛かりなのと、左右はかなりいけていたが、まだ前後の動きには弱いようだった。

また、8Kが多く出ていた。
昨年はパネルだけでも1千万と言っていたのにAQUOS8Kは70型で100万で売りに出るようだ。

まだコンテンツがないが、4KBDのアプコンでも相当美しいらしい。

 

(10/7)タイタンビカス

6番です。
花びらの色も濃いが、雌しべの先っぽの色が濃いのがよくわかる。

 

(10/7)自治会役員会

役員会を開催。
10/22のイベントとハロウィーンに何をやるかを決定。

 

(10/8)ツヤアオカメムシ

窓の敷居のところにいたので、追い立てず自分から移動していただきました。

 

(10/8)その2、映画「アウトレイジ 最終章」

109シネマズ木場。

 
映画の感想

 

(10/9)ボート@小名木川

最初はただのゆっくり進むゴムボートだと思ったのですが、写真をよく見ると何処かの大学か何かみたいでした。

 

(10/9)その2、アオサギとダイサギ

近づきはしなかったんですが、カメラが気に入らなかっんでしょうか、飛んで行ってしまいました。
と言っても10mほど離れた位置に止まってましたけど。

暫く行くとまたアオサギ。

上のくちばしの色から先ほどのとは別個体だとみました。

そうこうするうちに白鷺が飛んできました。
ダイサギのようです。

 

(10/9)その3、魚

小魚、10cm〜15cmぐらい。

時間は少し後だが、近くの場所で同じ体系の魚。上のものよりやや大きい。

感じからすると、ボラの幼魚ではないかと思う。

別の魚。

形状は明らかにボラとは違う。サイズは20cm〜30cmぐらい。
実は過去にもこの付近で似たような写真を撮っていた。

下は今年の8月。

その近くにいた幼魚、あるいは稚魚。

もしかしてヘラブナ。
とすれば、上の魚もヘラブナの成魚の可能性大。

 

(10/10)タイタンビカス

今日はここ何日かでは比較的暖かいので、朝から全開きでした。
23番です。

 

(10/10)その2、シロテンハナムグリ

かみさんがベランダで壁にぶつかってなかなか外に飛び出せない虫がいて、ついに床に落ちた、と言うので見に行くと
シロテンハナムグリだった。

とりあえず救出。

元気な様子なので木に掴まらせると、すぐに体勢を整えて飛んで行った。

今度はぶつからず外に出ていきました。

 

(10/13)映画「ドリーム」

シネマイクスピアリ。
NASAでマーキュリー計画に多大な貢献をした3人の黒人女性の物語。
原題は「HIDDEN FIGURES」 直訳は隠された姿、「知らざれる人々」と言ったところか。


映画の感想

 

(10/13)その2、TDR(イクスピアリ)でお食事

シネマイクスピアリで映画を見に行ったのには2つ理由があって、一つは「ドリーム」が舞浜か錦糸町でしかやっていないこと。
もう一つは、イクスピアリカードの請求書/清算書に「凜や」の割引券がついていて、まもなく期限が切れそうなこと。

と言うことで、映画の終わった後、1時過ぎに 凜や へ向かう。
イクスピアリにはもう何度も来ているが、4階に行った記憶がなく、というか、そもそも4階があるのも知らなかった。

事前に一応場所の確認はしておいたのだが、よくわからず、雨の中(4階は屋外)イクスピアリのマップを見ながらうろうろしてやっと着いた。

後で調べると、舞浜駅から行くとすぐだった。

 

(10/15)車のキーの電池交換

最近車のキーの「効き」が悪くなってきた。
ドアノブに触れるとドアロックが外れる仕組みなのだが、すぐには解錠されず時間が掛かるようになった。
エンジンをかけてもしばらくはキー無し警告ランプ(エンジンを掛けたままキーを持って車を離れると点く)が点いたままだったり。

まずはマニュアルで電池交換について調べる。
紙のマニュアルは車においたままだったので、ネットで調べると電池がCR1632とするものと、CR2032とするものの2種があった。
よく見るとマニュアルのバージョンが違っており、私のはCR1632だった。

手元になかったのでイトーヨーカドーに買いに行き、交換することにした。
サイドにあるボタンを押しつつ、メカニカル・キーを引いて外す。

キーで隠されていたスリットが出てくるので、ドライバーでねじるとすぐに開く。

ただし、マニュアルの様に電池がすぐ見えるわけではなく、パーツの裏面が出てくるので、パーツを外すと電池が見える。

電池押さえの爪を壊さないように注意しながら電池を外し、新品と入れ替える。

元に戻して完了。

後ほど車で正常作動を確認した。古い電池はやはり電圧が下がっていた。

 

(10/15)その2、映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

新3部作の最終作で、前評判関係なく見る予定の映画。
映画自体は面白く、1968年の「猿の惑星」につながることを匂わせる設定がいくつかあったが、直接「猿の惑星」につながるとすると
矛盾が生じるが、オリジナルのファン以外には大した意味はないのかもしれない。


映画の感想

 

 

 
 
 
 
 

 

inserted by FC2 system